バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

BODY

training

2つの貧血

貧血とは全身に酸素を運ぶヘモグロビンが不足することで、酸素も不足して頭痛・眩暈(めまい)・頭痛・動悸・息切れ・倦怠などの症状を言います。

貧血には
血中で失われる鉄分に対して、摂取する鉄分が不足することで起こる鉄欠乏性貧血と
激しい運動でヘモグロビンが壊されて起こる溶血性貧血とがあります。
溶血性貧血は多くの場合、着地する際に踵と地面との衝撃でヘモグロビンが壊れることで起こり、陸上長距離選手や剣道選手に多く見られます。ネット前への動きで踵から着地することが多いバドミントンでも大いに起こりえる貧血です。

貧血と判断される血中ヘモグロビン濃度は
成人男性13g/dl
成人女性12g/dl以下が貧血と判断されます。
特に女性は生理に伴う出血で貧血になるケースが多いので、男性以上に鉄分摂取を心がける必要があります。

また、急に立ち上がった時等に起きる立ち眩みは貧血とは関係ないこともあるので、血液検査で明らかにした方が対処しやすくなります。

FOOD


  • TRANING
  • CARE
  • FOOD
  • LESSON

ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.