バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

BODY

training

SSCというバネ運動

「まるでバネのような筋肉」という表現をよくしますが、実際にヒトの身体にはバネのような機能があります。そのバネ機能は筋腱複合体によるものです。

筋腱複合体、特に腱は弾性と粘性が強いです。弾性というのは文字通りのバネの機能で、伸びたら縮もうとする性質です。本物のバネは伸ばしてしばらくしても元に戻ろうとしますが、ヒトのバネの場合は伸ばしっぱなしだと戻ろうとする機能が低下する粘性が強いのです。実際のバネも長時間伸ばしっぱなしだと戻りが鈍くなりますが、ヒトの場合はそれがもっと短いのです。

つまりヒトのバネ機能を最大に活かすためには、筋腱複合体が伸びた瞬間に力を入れて縮ませることが大切になります。これをSSC(ストレッチ‐ショートニング‐サイクル)と言います。

文字にすると難しく感じるかもしれませんが、ジャンプするときに一度膝を屈伸して反動をつけるとより高く跳べますよね?でもただ単にしゃがんだ状態からジャンプしても同じように高くは飛べません。屈伸することで腿の筋肉が伸ばされた瞬間、跳ぼうとすることでより大きな力が出せるのです。

TRAINING


  • TRANING
  • CARE
  • FOOD
  • LESSON

ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.