バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

BODY

training

あさりのチカラ

春の味わいにも様々なものがありますが、あさりもその1つでしょう。漢字では浅蜊、蛤仔、鯏などと書くようですが、馴染みがないのは私だけでしょうか?

日本では各地の貝塚からの出土も多く、縄文時代から親しまれている食材と言えます。

あさりの身の9割は水分ですが、残りの1割の栄養の内訳を見ると、半分以上がたんぱく質で、しかも低脂質というアスリートにとってはありがたい食材です。

栄養としては必須アミノ酸が豊富で、また、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンB1B2を多く含んでいます。中でも赤いビタミンとも呼ばれるB12は豊富で、赤血球の生成を助け、貧血動脈硬化の予防に役立ちます。

味噌汁やすまし汁、チャウダーにいれて汁物の出汁も取れますし、佃煮などの煮物にも役立ちます。シンプルに酒蒸しにしてもおいしく食べられて栄養満点、うれしいですね。

FOOD


  • TRANING
  • CARE
  • FOOD
  • LESSON

ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.