バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

BODY

training

プライオメトリックトレーニング①負荷

プライオメトリックトレーニング【導入の前に】を踏まえた上で、プライオメトリックトレーニングとはSSCを利用して爆発的なパワーを生み出すことが目的なのでパワー系トレーニングの負荷設定で紹介しているように重い重量を背負う必要はありません。

ジャンプ系のトレーニングが多いですが、この場合は重量よりもむしろ高さが効果的な負荷となってきます。自身で跳ぶ高さや、飛び降りる台が高いほど負荷は高くなります。くどいようですが、簡単に見えても身体にかかる負荷は大きいトレーニングですので、最初は低い位置からの飛び降りなどから始めるようにしてください。

ダンベルなどの重りを持つ必要はなく、むしろ負荷のかかり過ぎによる障害を防ぐために、筋力がなかったり余計な体重がある選手はある程度身体を絞ってから実施することが望ましいです。

TRAINING


  • TRANING
  • CARE
  • FOOD
  • LESSON

ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.