バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

information

 Page 1 of 29  1  2  3  4  5 » ...  Last » 
2015.09.08
YOJ2015開幕

リオディジャネイロ五輪レースも始まりスーパーシリーズの1つヨネックスオープンジャパン2015が開幕。

8日は予選ながら田児賢一、リーチョンウェイらが出場。

また今大会を最後に引退を決意した池田信太郎が日立エンジニアリングの大嶋とのペアでラストダンス。

東京体育館でそれぞれの戦いが始まる。

カテゴリー:NEWS

インドで行われているバドミントン世界国別対抗トマス杯(男子)で5連覇中の中国が準決勝で歴史的ストレート負けを喫した。

その新たな歴史を作った相手が日本。

ユーバー杯(女子)も地元インドを0‐2の逆境からの3連勝で準決勝を突破。

男子の決勝の相手は世界ランキング1位リーチョンウェイを擁するマレーシア、女子の決勝の相手は女王中国。

カテゴリー:NEWS

本日から代々木第二体育館にてバドミントン全日本総合選手権大会が開催される。12月3日火曜日の予選通過者および本戦出場資格者によって4日より今年度バドミントン日本一の座を巡る戦いが繰り広げられる。

カテゴリー:NEWS

中国武漢で行われているトマス杯・ユーバー杯1日目

グループリーグが行われ、男女ともストレート勝ちして1勝目を挙げた。

トマス杯

日本 5 - 0 ニュージーランド

1S 佐々木翔 2(21-13、21- 6)0 EUNSON James

2S 田児賢一 2(21-12、21- 9)0 FOWKE Michael

3S 上田拓馬 2(21- 6、21- 4)0 CHARLESWORTH Luke

1D 佐藤・川前 2(21- 7、21- 9)0 DENNERLY-MINTURN Kevin・LEYDON-DAVIS Oliver

2D 平田・橋本 2(21-10、21- 5)0 EUNSON James・FOWKE Michael

ユーバー杯

日本 5 - 0 アメリカ

1S 佐藤冴香 2(21-17、21-16)0 WANG Rena

2S 廣瀬栄理子 2(21-15、21- 7)0 WANG Iris

3S 三谷美菜津 2(21-10、21- 7)0 SUBANDHI Jamie

1D 藤井・垣岩 2(21- 8、21- 9)0 LEE Eva・OBANANA Paula Lynn

2D 高橋・松友 2(21-15、21- 7)0 WANG Rena・WANG Iris

カテゴリー:NEWS

さいたま記念総合体育館でランキングサーキットが行われた。

バドミントン世界国別対抗トマス杯ユーバー杯合宿中のため同大会メンバー不在の中4種目で新チャンピオンが誕生、園田嘉村は見事連覇を果たした。

【MS】

優勝 竹村(JR北海道)

準優勝 古財(トナミ運輸)

3位 山田(日本ユニシス) 金子(埼玉栄高校)

【WS】

優勝 奥原(大宮東高校)

準優勝 橋本(NTT東日本)

3位 玉木(早稲田大学) 今別府(パナソニック)

【MD】

優勝 園田・嘉村(トナミ運輸)

準優勝 廣部・数野(日本ユニシス)

3位 佐伯・垰畑(日本ユニシス) 伊藤・山東(金沢学院クラブ)

【WD】

優勝 與猶・福万(パナソニック)

準優勝 小池(広島ガス)今別府(ヨネックス)

3位 米元・三木(パナソニック) 脇田・江藤(岐阜トリッキーパンダース)

【XD】

優勝 鈴木(東北マークス)小森(北都銀行)

準優勝 高島・後藤(JR北海道)

3位 五島(ごちバド)小野(シャトルホークス) 天野(タダノ)川西(百十四銀行)

カテゴリー:NEWS

第27回トマス杯(男子)日本代表

田児賢一 佐々木翔 上田拓馬 武下利一

平田典靖橋本博且 佐藤翔治川前直樹 早川賢一遠藤大由

第24回ユーバー杯(女子日本代表)

廣瀬栄理子 佐藤冴香 後藤愛 三谷美菜津

藤井瑞希垣岩令佳 松尾静香内藤真実 髙橋礼華松友美佐紀

カテゴリー:NEWS

現在開催中のインドOPで末綱前田が4強に進出。これによりロンドン五輪出場を決めた。

出場資格を獲得した選手は以下の通り

【MS】

佐々木翔 田児賢一

【WS】

佐藤冴香

【MD】

佐藤翔治・川前直樹

【WD】

藤井瑞希・垣岩令佳 末綱聡子・前田美順

【XD】

池田信太郎・潮田玲子

カテゴリー:NEWS

5月20日~中国で行われる世界国別対抗トマス杯ユーバー杯のグループが決まった。

前回銅メダルを獲得した男子はロシア・ニュージーランドと、同じく女子はデンマーク・アメリカと戦う。前回大会から2位チームが決勝トーナメントで入る位置はグループ結果に関係なく抽選となっているため、1位通過がメダル獲得の鍵となる。

トマス杯(男子)
グループA/中国・インドネシア・イングランド
グループB/日本・ロシア・ニュージーランド
グループC/デンマーク・マレーシア・南アフリカ
グループD/韓国・ドイツ・アメリカ

ユーバー杯(女子)
グループA/中国・インドネシア・南アフリカ
グループB/チャイニーズタイペイ・タイ・オランダ
グループC/韓国・ドイツ・オーストラリア
グループD/日本・デンマーク・アメリカ

カテゴリー:NEWS

【MS】

優勝 リーチョンウェイ

準優勝 リンダン

3位 ドゥペンギュ 佐々木

【WS】

優勝 ワンシーシャン

準優勝 ジャンヤンジャオ

3位 バエユンジュ ワンイーハン

【MD】

優勝 フ・カイ

準優勝 イ・ジュン

3位 コ・ヨ キム・キム

【WD】

優勝 ティアン・ザオ

準優勝 キム・ハ

3位 ジュン・キム ワン・ユー

【XD】

優勝 シュー・マ

準優勝 イ・ハ

3位 ニールセン・ペダーセン ニコラエンコ・ソロキナ

カテゴリー:NEWS

【MS】

1位 リーチョンウェイ

2位 リンダン

3位 チェンロン

4位 ピーターホエグゲード

5位 チェンジン

6位 佐々木翔

7位 シモンサントソ

8位 グエンティンミン

9位 タウフィックヒダヤット

10位 イヒョンイル

12位 田児賢一 29位 山田和司 41位 上田拓馬

【WS】

1位 ワンイーハン

2位 ワンシン

3位 ワンシーシャン

4位 サイナネワル

5位 ティナバウン

6位 ジャンヤンジャオ

7位 スンジヒュン

8位 ユリアネシェンク

9位 リシュエルイ

10位 リュウシン

15位 佐藤冴香 18位 廣瀬栄理子 21位 後藤愛

【MD】

1位 フ・カイ

2位 イ・ジュン

3位 ボエ・モンゲンセン

4位 ヒュン・セオン

5位 ビアオ・ゼンドン

6位 クー・タン

7位 アーサン・セプタノ

8位 平田・橋本

9位 アルベン・グナワン

10位 川前・佐藤

13位 遠藤・早川 28位 廣部・数野

【WD】

1位 ユー・ワン

2位 ティアン・ザオ

3位 藤井・垣岩

4位 キム・ハ

5位 末綱・前田

6位 松尾・内藤

7位 チェン・チーン

8位 ポリー・ジャウハリ

9位 ジュール・ペダーセン

10位 ポーン・セ

17位 松友高橋

【XD】

1位 ザン・ザオ

2位 シュー・マ

3位 ニールセン・ペダーセン

4位 アーマド・ナッチル

5位 チェン・チェン

6位 プラパカモル・トゥットゥーンカム

7位 アヌグリタヤウォン・ヴォラヴィチチャイクル

8位 池田・潮田

9位 チャン・ゴー

10位 レイボーン・ジュール

22位 佐藤・松尾

カテゴリー:NEWS

 Page 1 of 29  1  2  3  4  5 » ...  Last » 
ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.