バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

information

 Page 3 of 29 « 1  2  3  4  5 » ...  Last » 

青森で行われているインターハイバドミントンは19日男女シングルス準々決勝までが行われ、4強が出そろった。

男子

古賀輝(埼玉栄:埼玉2-0渡部克栄新田:愛媛

間瀬亮介岡崎城西:愛知)2-1松尾龍斗札幌一:北海道)

関口直挙関東一:東京)2-0渡部大旭川:実北海道)

桃田賢斗富岡:福島)2-0金子祐樹埼玉栄:埼玉)

女子

福島由紀青森山田:青森)2-0広田彩花玉名女:熊本)

鳥居彩乃聖ウルスラ学院英智:宮城)2-0山本理香鳥取敬愛:鳥取)

星千智金沢向陽:石川)2-1早川紗保里富岡:福島)

奥原希望大宮東:埼玉)2-0中村麻裕九州国際大付:福岡)

カテゴリー:NEWS

青森県で行われているインターハイバドミントンはダブルス準々決勝まで行わ、ベスト4が出そろった。

男子

井上,金子埼玉栄:埼玉)2-1浜崎,中村自由ケ丘:福岡)

斎藤,桃田富岡:福島)2-0佐々木,松田東大阪大柏原:大阪)

古賀,千葉埼玉栄:埼玉)2-0秋田,宇野札幌一:北海道)

村井,三浦東奥学園:青森)2-1飛高,藤本柳井商工:山口)

女子

清水,野村聖(ウルスラ学院英智:宮城)2-0安藤,牧野深川西:北海道)

小橋,渡辺埼玉栄:埼玉)2-0堂山,井上九州国際大付:福岡)

篠谷,福島青森山田:青森)2-1井上,深川八代白百合学園:熊本)

有吉,樋口名古屋経大市邨:愛知)2-1中村,金森九州国際大付:福岡)

インターハイ団体優勝はこちら

カテゴリー:NEWS

青森県で行われているインターハイ。男女優勝校が決まった

男子

埼玉栄(埼玉)3-0旭川実業(北海道)3-1比叡山(滋賀

栄は前人未到の連覇記録を7に伸ばした。

女子

青森山田(青森)3-0聖徳学院(島根)

カテゴリー:NEWS

青森県で行われているインターハイ。準決勝が行われた。

男子

埼玉栄(埼玉)3-2富岡(福島)

旭川実業(北海道)3-1比叡山(滋賀)

女子

聖徳学院(島根)3-1埼玉栄(埼玉)

青森山田(青森)3-1富岡(福島)

カテゴリー:NEWS

青森県で行われているインターハイ。準々決勝が行われベスト4が出そろった。

男子

埼玉栄(埼玉)3-0東奥学園(青森)

富岡(福島)3-0札幌第一(北海道)

比叡山(滋賀)3-1関東第一(東京)

旭川実業(北海道)3-1岡崎城西(愛知)

女子

聖徳学院(島根)3-2聖ウルスラ英智(宮城)

埼玉栄(埼玉)3-0富山商業(富山)

富岡(福島)3-2深川西(北海道)

青森山田(青森)3-1金沢向陽(石川))

カテゴリー:NEWS

ねぶたまつりを避けて例年よりも少し遅い開催となった青森県で行われているインターハイ。団体戦のベスト8が出そろった。準々決勝の対戦は以下の通り

男子

埼玉栄(埼玉)-東奥学園(青森) 富岡(福島)-札幌第一(北海道)

比叡山(滋賀)-関東第一(東京) 旭川実業(北海道)-岡崎城西(愛知)

女子

聖徳学院(島根)-聖ウルスラ英智(宮城) 埼玉栄(埼玉)-富山商業(富山)

富岡(福島)-深川西(北海道) 青森山田(青森-金沢向陽(石川))

カテゴリー:NEWS

来年のロンドン五輪のプレ大会でもある聖地ウェンブレーで行われた今年の世界選手権、各種目の世界チャンピオンが決まった。

男子シングルス リンダン(CHN)

女子シングルス ワンイーハン(CHN)

男子ダブルス フ/カイ(CHN)が連覇5回目の優勝

女子ダブルス ユー/ワン(CHN)

混合ダブルス ザン/ザオ(CHN)

昨年に続いて中国選手が全種目を制した。

カテゴリー:NEWS

来年のロンドンオリンピックと同じ会場で行われ、プレ五輪の意味も持つバドミントン世界選手権準決勝の舞台に末綱前田が挑んだ。対するは昨年のヨネックスオープンジャパンも制覇している中国のワンシャオリーと北京五輪金メダリストでもあるユーヤン。世界ランキング1位の壁は厚かった。13-21、12-21で敗れるも銅メダルを獲得。

ユーヤン達の決勝の相手はインドのグッタ/ポンナッパを下したチームメイトティアン/ザオ。

その他準決勝の結果は以下の通り

【MS】

リーチョンウェイ(MAS)がチェンジン(CHN)を21-13,21-9と一方的な勝利を挙げる。

北京五輪金メダリストのリンダン(CHN)がデンマークのベテランピーターゲードをファイナルで下す。

【WS】

チェンシャオチー(TPE)がシェンク(GER)をストレートで下し初の決勝進出。もう一方の山からはチームメイトのワンシンをストレートで下したワンイーハン(CHN)が勝ち上がる。

【MD】

過去に世界チャンピオンを獲っているフ/カイ(CHN)が韓国のイ/ジュンをストレートで下して今大会も決勝進出。インドネシアのアーサン/セプタノを下したコ/ヨー(KOR)と対戦。

【XD】

快進撃を続けるイギリスのアドコック/バンキーがアーマド/ナッチル(INA)をストレートで下し、相手の途中棄権で決勝進出を果たしたザン/ザオ(CHN)に挑む

カテゴリー:NEWS

かつて全英OPが行われていた聖地ウェンブレーで行われているプレ五輪でもあるバドミントン世界選手権。

各種目準々決勝が行われ、3位決定戦がおこなわれないこの大会のメダリストが確定した。

【WD】

スエマエこと末綱前田との日本人対決に敗れた松友高橋以外の3ペアが8強に進んだ女子ダブルス。

第3シードの末綱前田はインドネシアのジャウハリ/ポリーにストレート勝ちし、4強進出。初の銅メダル以上を確実とし、銀メダル以上をかけて松尾内藤をストレートで下したユー/ワン(CHN)に挑む。

もう一方の準決勝は藤井垣岩をストレートで下したティアン/ツァオ(CHN)とグッタ/ポンナッタ(IND)とで行われる。

【MS】

佐々木は2か月前のインドネシアPSの再現を狙って北京五輪王者のリンダン(CHN)に挑んだがストレート負けを喫した。

準決勝のカードは

リーリョンウェイ(MAS)vs.チェンジン(CHN)

ピーターゲードホエグ(DEN)vs.リンダン

【WS】

チェンシャオチー(TPE)が第1シードのワンシーシャン(CHN)に、シェンク(GER)がティナバウン(DEN)を破って準決勝進出。準決勝で勢いに乗る者同士の対決となる。

もう一方の山は第2シードのワンイーハン(CHN)と第3シードのワンシン(CHN)とが無難に勝ち上がって対決する。

【MD】

この種目の準決勝はフ/カイ(CHN)vs.イヨンデ/ジュンジェソン(KOR)、コ/ヨー(KOR)vs.セプタノ/アーサン(INA)。途中棄権した五輪・アジア・世界王者、全てのタイトルを持つ先輩キド/セティアワンに代わってバドミントン王国の真髄を見せられるか。

【XD】

ザン/ザオ、シュー/マという中国対決で一方の準決勝が行われ、中国が金銀銅のメダルを獲得を狙ったこの種目で、地元イギリスのアドコック(ENG)/バンキー(SCO)がそれを阻止。ジャミン/ティアン(CHN)をストレートで下してインドネシアのアーマド/ナッチルに挑む。

カテゴリー:NEWS

イギリスロンドンのかつて全英OPが行われていた聖地ウェンブリーで開催されている世界選手権は来年のプレオリンピックの意味も持つ。来年のロンドン五輪と同じ会場で行われている世界選手権で各種目準々決勝進出者が決まった。

【MS】

田児は1回戦でインド選手に、山田は2回戦でドゥ(中国)に敗退。

3回戦に進出した佐々木は山田を下したドゥにストレート勝ちし、準々決勝でリンダンと対戦する。インドネシアPSの再現がなれば、メダルが確定する。

その他主な8強進出者はリーリョンウェイ(MAS)、ピーターゲード(DEN)、チェンジン(CHN)、USOPで佐々木が決勝で勝利したベトナムのグウェンら。

特筆すべきはグァテマラのコードン選手。1回戦でチェンロン(CHN)に勝利したあとも快進撃を続けて8強入り。

【WS】

後藤、廣瀬が2回戦で、佐藤は3回戦で敗退。

その他主な8強進出者はジャンヤンジャオ(CHN)を下してきたシェンク(GER)、佐藤の同年代のライバルサイナ(IND)も順当に勝ち進む。ティナバウン(DEN)、ピホンヤン(FRA)らベテランも健在。

【MD】

4ペアが戦いに挑んだが廣部数野が1回戦、佐藤川前、遠藤早川、平田橋本は3回戦で敗退。8強進出はならなかった。

その他主な8強進出者は新たなペアでロンドン五輪に挑むラスムセンら(DEN)、フ・カイ(CHN)、クー・タン(MAS)、イヨンデ・ジュンジェソン(KOR)ら。

【WD】

女子も4ペアが出場。松友高橋が3回戦で末綱前田と当たって敗れる組み合わせの不運があるも藤井垣岩、松尾内藤も8強進出する快進撃。

松尾内藤は昨年のヨネックスオープンジャパンでも優勝しているユーヤン・ワンシャオリン(CHN)と、末綱前田はインドネシアのアイドルポリーペアと、藤井垣岩はティアン・ツァオ(CHN)と対戦する。

【XD】

橋本藤井は2回戦でカナダペアに、池田潮田は3回戦でイングランド・スコットランドペアに敗退。8強進出はならなかった。

カテゴリー:NEWS

 Page 3 of 29 « 1  2  3  4  5 » ...  Last » 
ブックハウス・エイチディ

COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.