バドミントン・ファン:BADMINTON Faun

information

TOP > BLOG > 碁石バドミントン > 6月17日の練習

碁石バドミントン

活動エリア:宮城県柴田郡川崎町
2011.06.17

6月17日の練習

6月17日(金) 19:00~21:00 6月18日(土) ABC大会宮城県予選:横倉小学校にて 今週のテーマ「ゲームでラリーができるようになろう」

  1. 基礎練習: 明日の試合に向けて ホームポジションにもどるための,全方向のノック。 対角線に動くためのピンシャトルを使ったパターン練習。サーブ練習(3打までつづける)
  2. 気を付ける点:フットワーク・ラケットワーク・ヘッドワーク 太字は重視する点
  3. 練習対象者:小4.小5・中1(初級者)中3(中級者)

2011.06.13

6月11・12の足跡

練習記録にと思い、デジカメを持っているものの、いざはじめると撮影することをわすれてしまう。この2日もそう。残念!折角槻木で練習ができたのに・・・。

①基礎打ちは、奇数だったのでYとSiと2対1でうった。本当はその子にあわせて1対1で打つのがいいと思っている。

また、いい友達と楽しんで高めあうペア練習としての基礎打ちが理想。

ただ、初心者とだれが打つかは考慮しなくてはいけないと思う。困ったくせがつかないようにしたい。あまり言い過ぎるのも意欲をなくさせてしまうだろう3人で組んで、教えあいながらやるのもいいのでは・・・。まるで小学校の教えあい学習の形態ですけど。2対1より1対1でのこった一人に見させて気づいたことを言ってもらおうかな。

② 手投げクリアやネット前でのスマッシュは有効。量を増やすのは有効と思っている。その補助をする人も育てなくてはいけない。ハイバックをヘアピンを打ってからそのヘアピンをバック方向に打ち返してあげて、ハイバックで打つ練習をSにした。うまくできず乗れずにいるのが残念。手投げでただハイバックのほうがよかったようだ。総体県大会のシングルを想定して練習したのだが・・。

レシーブが弱点の女子ペアには、川崎町のぶちょーとゲームで相手をしたり、レシーブのためのノックをした、腰が高かったり、スタンスがせまかったり、腕を振り回したり、バックハンドができなかったり、課題が多い。変わらない理由は、動きのための訓練不足が大きいのだと思う。身体能力が高いため、なんとなくできていてそれでいいと思っている。よりよいスタイルにかわろうとしていない。かわるには、必要な間接の動きを意識しなくてはできない。課題は、レシーブ力以上に、これではいけないと本人たちが思うこと。近くの人に問い、毎日の練習の中で、意識的に変革すること。具体的には、もう少し股関節を利用してスタンスを広くして構えましょう。 フォアもバックも打てるグリップを身につけましょう。 腕をコンパクトにふりましょう。 会えるときには、言っているけれど、教えてもらっていないと周囲がいうのは・・・。

maminには、手投げクリア以外なにもできなかった。今週の土曜日ABC大会宮城予選なのに。4年生として、バドミントンが楽しめるプレーを早く見につけさせたい。今のままでは、きたら打ち返すだけで、コートでゲームを楽しむ力はついていない。車道バドミントンでもするしかないかな。

土曜日の川崎町スポーツ少年団結団式では、モップがけリレーで、S・YペアとK・Seペアの快走で、たった2組で1組分引き離すというスピード。圧巻の雑巾リレートップでした。バドミントンは一味違うなと、周りが思ったはず。この会に参加できるのはmamiだけだろうと思って、会議のときにも不参加を表明していただけに、よかったと思う。これは、会計をしてくれているtomomiさんのおかげです。支えてもらって感謝です。

その後、槻木の練習に合流。Sは、シングルを4試合 K・Seは3ペアとしました。ダブルスはローテーションが未熟。打って決まることが普段多いので、攻め続けるローテーションができていない。レシーブは、相手に上げさせるためのネット下に落とすドロップ的なショットもあっていいはず。

Yは、ホームポジションへのもどりが遅い。体の近くでレシーブするのでミスが多い。ラケットの長さや手の長さがわかっていない。力が入りすぎている。10月の新人戦までにはなんとかしたい。mamiも、フットワークになっていない、れんしゅうしないとできないだろう。グリップは気をつけているから、身に着けて、フットワークを使い、バックハンドロブができるような、バドミントンの普通の動きにしていきたい。

仙台から参加のAには、川崎町のスポ少に来なくても、人数の多い槻木で土曜日練習するようにすすめていこうと思う。大会では、今年は碁石で登録しているのでそのまま出るが、川崎でする必然性はないので、人数が多いほうがいいならそちらに、行ってもらったらと思っている。

バドミントンのプレーがよりよく身につくように、レールを引いていることを理解してほしい。やる気になれば、今の時代、だれも指導者がいなくても、相手がいなくても上達する道はある。それを、これから自分自身のプレーと実績で証明してみようと思っている。教えられなくてできないとか相手がいないからうまくならないとか思うのは間違っていると思う。情報も練習する場もある。川崎町のここだってできる。ここでやって見せるという気持ちを、もってほしい。今いる場を否定する人に、未来があるとは思えない。私は、過去を否定しない。それが今の自分だから。与えられた環境をフルに生かして、地域の中で世界にはばたくことをよしとしている。天才はしなない。自分の中に可能性があると思うなら、自分で道を切り開いてほしい。人任せでは、自分の夢に近づかないし、満足もできないと思う。

強くなければ生きられない。やさしくなければ生きる資格がない。(中学時代すきになった野生の証明の一句)

2011.06.10

6月10日の練習

6月10日(金) 19:00~21:00

19:00~19:40 基礎打ち

19:40~20:20 基礎練習(ノック・パターン練習など)

20:20~21:00 ゲーム(全員が同じようにゲームできるようにするため,合計15点方式で行う)

6月4日(土) 13:30~15:30 川崎町スポーツ少年団結団式 ミニ交流運動会 役員12:40集合 場所:川崎小学校

16:30~19:00 槻木スポ少(監督:前田)と合同練習 場所:槻木小学校 準備:新シャトル1本

今週のテーマ「ラケットワークの習得」

①基礎練習:サーブの練習 シングルでのロングサーブのうち方
・サーブのリズムは1・2・3 ・サーブからの3打を練習する。・サーブを打つコースと,その後の守り方。

ノック練習 ・手投げのクリア(Si・M・A) ヘアピンからのハイバック(S)

手投げでネット前スマッシュ「サブコートで行う(全員)」

レシーブ「手投げ(Si・M・A・Y)高い位置からラケットノック シングル(S)ダブルス(K・S)(全員)」

待っている間に,小学生は,椅子にフォアハンド・バックハンドの素振り。必要に応じてひもでつるしたシャトルに当てる。

②気を付ける点:グリップやスイングを正しくする。

フットワーク・ラケットワーク・ヘッドワーク 太字は重視する点

③練習対象者:小2.小4.小5.中1(初級者)中3.大人(初・中級者)ノック・パターン練習

2011.06.04

6月3・4日の練習内容

6月3日 夜星がきれいでした。北斗七星が頭上にありました。

明日,朝6時より郡総体があります。中学生は夜8時ごろにあがりました。久しぶりのSさん。

Kさんと一緒のSOちゃんと打つことにしました。碁石バドミントン初参加です。グリップの持ち方を伝え、折角来たのだから、いろいろなストロークを打たせてしまいました。こちらは、なるべく打ちやすいところにはあげました。5年生にもなると、少しアドバイスで意識して変わります。続ければ、中学生になるころにきっとうまくなるなぁと思いました。一気にクリア・ドロップ・プッシュ・ドライブ・スマッシュとやりました。中でもプッシュはこちらもいい練習になるほど。

毎回一人ずつでも興味を持ってきてくれたら、バドミントンの種まきをしたいものです。

さて、明日本番のK・Sペアとは、川崎町のバド部長もきてくれたので、ダブルスをやりました。ゲームではありません。3打目まで、大事にするように伝えましたが、乱打です。

クロスのドロップは気になったので一言注意。依然あったネット前のケアレスミズが激減して、強く成長していました。

Sくんは部長と1ゲーム。こちらも全体的にいい仕上がりです。どちらも郡のトップ争いにからむメンバーです。

8時以降は,Mくんと2対1。2対1でも得点を数えながらやってもいいかと思いました。

4日 快晴で日中は暑いです。

総体の応援をやめて、14時に碁石小学校へ。

Jと基礎打ち。Mも加わり、5点ゲームをしました。

Tとやるときは、1本でもとればMの勝ち。Jとは2本とればMの勝ちとして、エンドレスで5点ゲーム。ときどき、逆の手でおこない、Mが楽しめるように心がけました。

町内会新聞の効果はまだ出ていません。

それでも、まずは、Mの18日のABC大会に向けて、シングルの導入ができてよかったです。 子どもは、やるきになって、真剣になったとき、より適した動きを見せていくようです。

2011.06.03

6月1週の練習

6月3日(金) 19:00~21:00 6月4日(土) 14:00~16:00 練習します。 今週のテーマ「試合を意識して」

①基礎練習:

基礎打ちでは,サーブからのラリーの始まりを意識しながら,一通りのストロークを練習しよう。

オーソドックスな,ピンドロ・ピンスマ・半面シングルを行う。スマッシュは2本交代など。半面シングルでは,横の幅も意識。明日中学生は総体のため,8時ごろにあがる予定

試合の始まりは,サーブから。基礎打ちでもサーブを意識して始まられるようにしていきましょう。一本一本の基礎打ちも,どうやったか記憶し反省に使えるようできるといいのでは。

②気を付ける点

フットワーク・ラケットワーク・ヘッドワーク 太字は重視する点

③練習対象者:小4.中1(初級者)中3.大人(初・中級者)




COPYRIGHT 2008 BADMINTON FAUN ALL RIGHTS RESERVED.